麻雀戦術:序盤に切られた牌の外側牌の安全度について

麻雀戦術

みなさん、こんにちは。

最近Suphx本等でSuphxの中盤の先切りがフィーチャーされており、これから天鳳でも先切りが流行りそうです。この記事では序盤に切られた牌の外側が比較的安全度が高い場合、安全度が低い場合のパターンを説明しています。

Suphx本以前は聴牌速度を速める為にフォロー牌を持った方が良いという意見が優勢だったと思いますので、基本的には序盤に切られた牌の外側は比較的安全です。この記事では特に安全度が高いケースを1パターン、安全が低いケースを4パターンご紹介します。他にもあるよ~って方はぜひ教えてください。

安全度が高いケース :序盤に切られたドラの外側

ノミ手のイーシャンテン 。自分の手牌だけ見ればオリが正解ですが。。。

この4pはかなり通しやすいです。なぜならドラの2pが5巡目に切られているからです。223pとあってドラを先切りするのは純チャンが確定している等かなりのレアケースでしょう。

安全度が低いケース1:序盤に切られたドラの隣の牌の外側

例えばこのような捨て牌のリーチが来た場合、ドラ7sの隣の8sが序盤に切られているからといって9sはそれほど安全ではありません。 例えば下記のような牌姿から

8sを切ってドラ含み両面を固定するのは自然な手順だからです。ただし他の部分かこのケースほど整っていない場合は、788sのまま残してドラ引きなどの変化を見そうなので8s切り→聴牌までの時間が長いほど安全度は若干上昇するかもしれません。

安全度が低いケース2:赤5が見えておらず4または6が序盤で切られている場合の3または7

例えば上記のようなリーチが来て序盤に6mが切られていたとしても。。。

赤5mを持っていればこのような牌姿から6mを切るのは自然なので、 4または6が序盤で切られているたとしても、赤5が見えていなければ、3または7はそれほど安全ではないといえます。一方、赤5が絡まない2または8は通常の外側程度には通しやすいといえます。

安全度が低いケース3:愚形フォローがあった場合の序盤で切られた牌の外側。

これが判別できるのは入り目が分かる鳴き手に限られます。例えば下記のような場合。

6sポンでフォロー牌の4sが切られました。この場合序盤で切られている8m、3pの外側の安全は全く保障されません。なぜなら。。。

この牌姿から3pを切って良形を確定するのは自然な手順だからです。

面前手でも十分形であれば下の様に優秀な両面が先に固定されますが、そもそも入り目が分からないので対応できません。 序盤に切られた牌の外側 が当たる場合はこのようなレアケースだからこそ基本的には安全だと言えますが、7pの後が全て手出しであることを見ていれば7p周りが危険だということを認識できるかもしれません(この場合は9sを手出ししました)。

安全度が低いケース4:フォロー牌が多く切られている両面の外側

例えば下のような手牌で3pや北が多く切られるほど、3pを先切りする人は多くなると思います。ただし、これも判別が難しく、かつ序盤に限りワンチャンスの安全度は通常無筋より高いというデータがあったように記憶していますので、使える局面は限定的だと思います。

以上、序盤に切られた牌の外側牌の安全度についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました